REACH分析を取り入れて自社の製品を世界へ送り出そう

REACH分析をした会社としていない会社

REACH分析をした会社はEU内で活動ができるようになる

EU内で事業を行うためには、REACH規制下のSVCH分析は欠かせません。EU内では登録事業者にならなければ法的に活動が認められないからです。EU外で活動をする場合には登録は必要ありませんが、自社製品をEU内に持ち込むユーザーがいる場合には、分析をしてその情報を伝達する必要が出てくることもあります。

REACH分析をしていないと国際的に活動しにくくなる

REACH分析を済ませておくと、規制を気にすることなく商品を世界中に輸出していくことができるようになります。EU内の企業とも取引がしやすくなるので、売上を伸ばすことができる可能性もあるでしょう。また、EU域外であっても成形品の安全性を確保しておくことは企業の信頼に繋がります。

REACH分析を取り入れて自社の製品を世界へ送り出そう

器具

REACH分析の内容

REACH分析の内容は多岐に渡ります。SVHCに指定されている化学物質や成形品の種類が豊富であるため、画一的な手法ですべての分析を終わらせることはできないのです。フタル酸エステル分析やハロゲン分析、イオン分析のように、各成形物ごとに調査方法まで変更する必要があります。

REACHの定義を知る

REACHというのは、EU内における化学物質の流通規制のことです。化学物質の登録を行い、安全性について評価することで、環境や人体への悪影響を最小限に食い止めることを目的としています。REACHのRは「登録」を、Eは「評価」を、そしてAは「認定」という意味を持っています。

REACH分析の登録義務者について

EU域内で年間1t以上の物質を製造または輸入をする業者には、登録が義務付けられています。業者自体の登録も必須ですが、使用している化学物質の登録も必須になっています。しかも、登録時には化学物質の人体や環境等への影響が最小化されていることを証明する必要があります。

広告募集中