REACH分析で環境に配慮した製品を作ろう

企業が環境を守る意義

現在、一般的に環境保全への関心が高まっています。そのため、顧客も企業が環境活動についてどう考えているのかを興味深く見守っています。REACH分析をしっかり行っていると、企業が環境を守る体制を整えていることが客観的にも判断され、企業のイメージアップにつながります。

REACH分析をすることで得られるメリット

企業のイメージアップにつながる

REACH分析を行うなど安全や環境に配慮した取り組みは、企業のイメージアップと信頼度の向上につながります。更にこの活動をPR活動すると、多額の費用をつぎ込んだ宣伝活動に匹敵するほどの効果を上げることが可能でしょう。

企業の利益を上げることが可能になる

REACH分析を行っていることで企業のイメージが上がると、出荷している製品の評判も高まり、収益向上につながる可能性があります。環境に配慮した製品やサービスはヒット商品を生み出すための一つの要因となっているのです。

社内の活性化とモチベーションアップにつながる

REACH分析を行うと企業の評価が向上するため、社内全体の雰囲気も良くなります。チームワークが芽生え社内の活性化とモチベーションのアップにつながることが多いです。社内を活発にするためにも取り入れてみましょう。

REACH分析で環境に配慮した製品を作ろう

レディ

REACHの認可対象となるものとは

REACH規制で認可対象物質と指定されているものに関しては、輸出入の際に認可を取得する必要はありません。そのため、REACH分析を依頼する前に高懸念物質かどうかを確認する必要があります。一般的にREACH規制対象となるのは、CRM物質やPBT物質、vPvB物資となり、残留性や蓄積性が高い物質が指定されています。

制限対象について

REACH分析における制限対象物質は、人の健康を害するリスクや環境を破壊する危険性がある物質が対象となります。これらの物質の含有量や用途について条件が付けられているのです。制限対象物質が人体や環境に悪影響を及ぼす量と判断された場合、製造や販売について制限されます。

気になる分析の費用

REACH分析の費用については、単品であると約5万円前後となります。ただし、複数の物質を調査する場合には、セットメニューが用意されている調査会社が多いです。たとえば、7物質のセット料金で6万円や8物質のセット料金で10万円程度となります。また、成形品や完成品の分析を依頼する場合、携帯電話などは約80万円程度となります。

広告募集中