REACH分析を知ってより安全で安心な製品作りに役立てよう

男性

REACH分析とはなにか確認しよう

REACH分析とは、欧州区域内で1トン以上製造・輸入される化学物質において、安全性や用途に関する情報を登録する義務があるため、登録内容を欧州化学品庁が評価するものです。化学物質の 登録・評価・認可・制限に関するチェックを行います。更に有害性が懸念される高懸念物質については、認可、規制の対象となります。

REACH分析を利用するべき理由

REACH分析を受けることは、安全性の確認ができ顧客を安心させるので、顧客満足度の向上へ繋がります。また、地球環境を守る取り組みがしっかりと行われていることが実証できるため、企業のイメージアップにもなるのです。なお、輸出入を頻繁に行っている企業には、REACH分析を受けることが義務づけられています。

取り入れることで何が変わるか考える

REACH分析を行うことで、取り扱い製品の安全性が高いことが証明され、企業の信頼度が高まります。また、輸出入を円滑に行うことができるようになり、海外との取引がスムーズに行えるようになるメリットがあります。

REACH分析を受けてみてわかったこと

安全安心に繋がります

REACH分析を行ってわかったことがあります。それは安全がわかり安心できるということです。費用は安くないので最初は迷ってしまいますが、後から考えるとこれで良かったなと思います。利点に納得し、理解した上で決断したことが満足行く結果に繋がったのだと思います。

サプライチェーンにも気を配りました

高額な費用が発生するため、顧客の要求はどのようなものかを確認したうえで行う必要がありました。費用を削減するために安価な分析を行っても、お客様が受け入れなければロスになることもあるためコストダウンばかりを考えることはできませんでした。また、サプライチェーンにもタイトなスケジュールで実施してもらうことになるため、欧州での規制についての状況を説明し、理解を得て情報を共有していくことも同時に取り組みました。

子供用品の安全性のために実施しています

仕事柄、REACH分析を実施しています。様々な用途で利用されていますが、私は主に子供用品に利用されている化学物質の安全性を確認することが目的です。基本的に懸念のある製品はありませんが、時々、非常に注意が必要な場合もあるので常に気を緩めないようにしています。

安全性を高める事ができます

REACH分析を実施して理解したことは、化学物資に関して安全性を高めることが重要だと思ったことです。懸念される物質はREACH分析で判明するので、より確実性が向上すると判断しました。今後もREACH分析を状況に応じて行い、衛生や安全を確保したいと考えています。

REACH分析の疑問点

REACH分析とRoHS指令はどう違うのか?

多くの人が持つ疑問として、REACH分析とRoHS指令はどう異なるのかということが挙げられます。REACH分析は、懸念物質の含有量の情報管理に関する登録と届け出を行っており、RoHS指令は、有害物質の使用を完全に禁じているものです。

[PR]REACH分析は専門業者に任せるべし!
消費者に安全を届けよう

[PR]BEMSシステムを導入しよう
会社の電気コスト削減にピッタリ☆

広告募集中